CRYPTEREC Cryptography Research and Evaluation Committees
ENGLISH
CRYPTERECとは
CRYPTERECの体制
CRYPTERECの沿革
CRYPTEREC報告書
技術報告書
電子政府推奨暗号リスト
電子政府推奨暗号の仕様書
関連機関等のご案内
CRYPTRECの体制
2009-2012年度のCRYPTRECは、暗号技術検討会の下に暗号方式委員会、暗号実装委員会及び暗号運用委員会を置いた体制になっていた (現在の体制, 2003-2008年度の体制)。
CRYPTREC体制図
拡大図(別ウィンドウ)
暗号技術検討会
暗号技術検討会は、電子政府推奨暗号の監視、電子政府推奨暗号の安全性及び信頼性確保のための調査・検討、電子政府推奨暗号リストの改訂に関する調査・検討及び暗号モジュールに関する国際標準化への協力等について、総合的な観点から検討を行う。
暗号技術検討会は総務省政策統括官(情報通信担当)及び経済産業省商務情報政策局長の研究会として開催され、内閣官房、警察庁、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、経済産業省、防衛省等がオブザーバとして参加している。
暗号方式委員会
暗号方式委員会は、検討会の下に設置され、電子政府推奨暗号の監視、電子政府推奨暗号に関する暗号アルゴリズムを主な対象とする調査・検討を行う。
また、具体的な調査・検討に際して暗号方式委員会を支援することを目的に、同委員会の下に暗号技術調査WGを設置し、検討を行う。
暗号方式委員会はNICT 及びIPA の委員会として開催され、総務省、経済産業省、警察庁、外務省、防衛省等がオブザーバとして参加している。
暗号方式委員会は、2003〜2008年度に設置された暗号技術監視委員会の後継委員会として、2009年度に設置された。
暗号実装委員会
暗号実装委員会は検討会の下に設置され、ISO/IEC 等の国際標準の動向を注視しつつ、将来的に政府調達基準等として利用されることをも視野に入れながら、電子政府推奨暗号に準拠した暗号実装に対するセキュリティ要件及び試験要件の策定に向けた検討を行う。
また、 上記セキュリティ要件及び試験要件の検討に資するため、暗号実装関連技術に関して、サイドチャネル攻撃及びタンパーに関する調査・検討を行う。
暗号実装委員会はNICT 及びIPA の委員会として開催し、 総務省、 経済産業省、 警察庁、 外務省、 防衛省等がオブザーバとして参加している。
暗号実装委員会は、2003〜2008年度に設置された暗号モジュール委員会の後継委員会として、2009年度に設置された。
暗号運用委員会
暗号運用委員会は検討会の下に設置され、電子政府システム等で利用される電子政府推奨暗号の適切な運用について、システム設計者・運用者の観点から調査・検討を行う。
暗号運用委員会はNICT 及びIPA の委員会として開催し、 総務省、 経済産業省等がオブザーバとして参加している。
暗号運用委員会は2009年度に新設された。
このサイトについて プライバシーポリシー
ご意見・お問い合せは次のメールアドレスまで
Copyright (c) 2005-2013 CRYPTREC. ALL Rights Reserved.